ブロークン・フラワーズ (2007.03.15)

[DVD] ブロークン・フラワーズ [DVD] ブロークン・フラワーズ
制作 : 2005年(アメリカ)
監督 : ジム・ジャームッシュ
脚本 : ジム・ジャームッシュ
出演 : ビル・マーレイ / ジェフリー・ライト / シャロン・ストーン / ジェシカ・ラング / フランセス・コンロイ / ティルダ・スウィントン / ジュリー・デルピー

ある日、無気力中年男のドンは『あなたと別れて20年、あなたの息子はもうすぐ19歳になります』というピンクの匿名の手紙を受け取った。

隣人のウィンストンに真偽を確かめるべきだとそそのかされ、ドンは20年前に付き合っていた4人(5人)の女性を訪ねる旅に出る。

ピンクの封筒にピンクの名刺にピンクのスーツにピンクの花にピンクのパンツにピンクのバスローブ ・・・・。
このニヒリストな中年おっさんがピンクにこだわってる時点でもう、『変な笑い』が出てきちゃうのですが。

エチオピア音楽の妙なリズムに乗って、ロリータちゃんや動物と喋る女まで、実に色んなテイストの人物が登場し、そのたびに失笑&脱力してしまう。

ドンは常にテンションが低くて、どこへ行っても居心地が悪くて気まずい空気を作って行くのですが、その空気が妙にリアルで、観てるこっちもなんか居心地悪くなってくるのが、なんかイヤ(笑)。

と言いつつも、思わず苦笑いしてしまうビル・マーレイの虚ろな表情と、微妙に挙動が変なあたり、ウマいなぁと思い、結構ハマった。

・・・・ 一般ウケはしないかもなぁ(笑)・・・・。

ビフォア・サンセット (2007.03.09)

[DVD] ビフォア・サンセット [DVD] ビフォア・サンセット
制作 : 2004年(アメリカ)
監督 : リチャード・リンクレイター
脚本 : リチャード・リンクレイター
出演 : イーサン・ホーク / ジュリー・デルピー

昨日レビューした『ビフォア・サンライズ』の続編。
その昔ウィーンで起こった出来事を小説にしたジェシーと、これを読んだ当事者のセリーヌが、9年振りにパリの書店で再会することから始まる。

冒頭から、二人はガンガン喋ってます。
おっと、コレもこういう構成なのか・・・・、とちょっと萎えてしまったのですが。

ただ、会話は前作よりずっと現実的。
お互いが置かれている状況を押さえつつ交わされる会話、もしかしたら嘘も混じっていたかもしれないけれど、会話によって二人の感情が少しずつ絡まってくのが良く分かる。

あの時どうして連絡先を伝えなかったのか、どうして祖母が亡くなったのか、どうしてニューヨークに行ったのか、どうして結婚したのか。
分かっているのは、時間を元に戻すことは出来ないこと、わずか85分間でお別れしなければならないという現実。

でもでも、やっぱり喋りすぎじゃ・・・・?。

と、中だるみしてる時に「あなたは少年の気持ちを持ってパリに来た」と、セリーヌが車中で感情を爆発させたシーンで我に返った。
イタイのと切ないのとで、あれほど苦手だと思った前作の持つ良さが分かったような気がしたのです。

ラストシーンで「just in time」に合わせて踊る彼女を温かく見守る彼。
その空間に小さな小さな幸せが見えて、こういう映画もあるんだなと、ある意味感心した。

ビフォア・サンライズ (2007.03.08)

[DVD] ビフォア・サンライズ [DVD] ビフォア・サンライズ
制作 : 1995年(アメリカ)
監督 : リチャード・リンクレイター
脚本 : リチャード・リンクレイター
出演 : イーサン・ホーク / ジュリー・デルピー

ユーロトレインの中でアメリカ男子とフランス女子が出会いウィーンで途中下車する。
彼の飛行機が出るまでの14時間、ウィーンの街を歩きながら、二人はとことん語り合い、静かに恋が芽生えていく。

二人がレコードを試聴するとき、相手をよく見たいのに、ちゃんと目を合わせられない、というシーンまでは微笑ましく見ていたのですが、以降、ただ、もう、よう喋る、喋る、喋る・・・・・。

この映画、女性はみんな好きというロマンチックな映画らしいですが、私はちょっとダメかも。
イーサン・ホークもジュリー・デルピーもキュートで本当に美しいのですが、哲学っぽい妙な語りにどうにも疲れて・・・・。

ただ、終電を逃して、お金も持ってなくて、彼氏に手を引かれながら原宿から渋谷までほっつき歩いたこととか、若いときに過ごしたそういうちょっとした切ない時間をリアルに思い出したりはするかもしれません。

でもやっぱり恋愛は、もっと叫んだり喚いたり、能動的なほうが好きだなぁ。

最後は、どうしてもお別れできなくて、半年後にまた会おうと約束するのです。
それが続編の『ビフォア・サンセット』に繋がっていくわけですが。

この映画、日本語で見ると非常にウザいです。
これはやっぱり『外国映画』です(笑)。民族の違いを感じます。(笑)

吹き替えにして見ると、友近となだぎのビバリーヒルズネタみたいで結構笑える。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。