コープスブライド (2005.10.22)

[DVD] コープスブライド [DVD] コープスブライド
制作 : 2005年(イギリス)
監督 : ティム・バートン
音楽 : ダニー・エルフマン
出演 : ジョニー・デップ / ヘレナ・ボナム・カーター / エミリー・ワトソン

待ちに待ったティムバートンの「コープスブライド」観てきました。
1ヶ月前にも同じ映画館で「チャーリーとチョコレート工場」を観ていた私。
ティムバートン狂には、なんともハッピーであります。

コープスブライドとは「死体の花嫁」。
最初はティム独特のブラックな感じを期待していたのですが、わりと大人しめな作品でした。

死んでしまってはいるけれど、ごく普通の暮らしがあって、そこは愛情にあふれている。
彼女に無いのは「鼓動」だけ。

私欲にあふれる生の世界は暗くて寒々しく、死後の世界の方がカラフルで陽気に描かれているのが印象的です。

最後、教会でエミリーが身を引いたあと白い蝶が舞うシーン、ちょっとした切なさが残ります。
これをハッピーエンドと見るか、そうでないと見るか、その個人によって違ってくるのかもしれませんね。
私は、二人がハッピーで終わる方法は無かったのか・・・・なんて思ってしまった。

たった77分のファンタジーアニメで、ストーリーが特別凝っているとは思わないが、映像と音楽が醸し出す、その独特の世界観は本当に素晴らしい。
(途中ガイコツが踊るシーンはちょっとイケてなかった気がするけど・・・・。)

ちなみにこれ、ナイトメア・ビフォア・クリスマスに続くストップモーションアニメと言われてるけれども、ティムは、ナイトメアの次に、桃に乗って、夢の叶う街、ニューヨークに行くという 「ジャイアント・ピーチ」 という子供向けのアニメも作ってますよ。

コープスブライド(ワーナーブラザーズ・スタジオ)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。