グリーンマイル (2006.01.07)

[DVD] グリーンマイル [DVD] グリーンマイル
制作 : 1999年(アメリカ)
監督 : フランク・ダラボン
脚本 : フランク・ダラボン
原作 : スティーヴン・キング
出演 : トム・ハンクス / マイケル・クラーク・ダンカン

グリーンマイルとは、死刑執行部屋へ続くリノリウムの通路のこと。

死刑囚の希望をつなぐための嘘と裏切り
陰湿ないじめと残虐な仕返し
仲間の妻を救うために危険をも冒す友情
権力と欲望
人種差別に殺人に冤罪・・・・。

刑務所の本当に小さなコミュニティの中に「勧善懲悪」「優しいけど残酷」な事柄がぎっしり詰まっている。
そしてこの様々な残酷な事柄を背景に、リアルに死へと向かっていく。

恐ろしかったのが、電気椅子での処刑プロセス。
死への機械的手順を遵守せず、私情を挟むなどしてその按配を乱すと大惨事になる。

冤罪のコーフィの最期は執行する看守の想いが錯綜して、それはもう、ただ哀しくて切ない。

一方、ジングルス(ねずみ)を生き返らせたコーフィのファンタジックな能力で永遠の命を手に入れるポール。
しかし、家族や友人は死に逝き、生き続けるのが苦痛になる。

このストーリーで直感的に思ったのは、人の死がどうこう以前に、妙に宗教チックだなぁということ。
病気を治したり、罰や命を与えたり、コーフィは何かの教祖みたいだな、とか思って。

で、いろいろネット調べてたら「コーフィは、無実のまま十字架にかけられたイエス」という記述を幾つか見つけて、あー、なるほどな・・・・と。
「John Coffey」は「Jesus Christ」と同じイニシャルで、トム・ハンクス演じる「Paul」は「St. Paul (聖パウロ)」から来ているらしい。

・・・・何はともあれ、グリーンマイル、「ショーシャンクの空に」には及ばずか・・・・。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。