ブロークバック・マウンテン (2007.01.12)

[DVD] ブロークバック・マウンテン [DVD] ブロークバック・マウンテン
制作 : 2006年(アメリカ)
監督 : アン・リー
原作 : アニー プルー
出演 : ヒース・レジャー / ジェイク・ギレンホール / アン・ハサウェイ / ミシェル・ウィリアムズ

1963年、ワイオミング州ブロークバック・マウンテンで羊番をしていた20歳の青年同士が出会い、以降40歳になるまで、周囲の偏見に怯えながら逢瀬を重ねていく、なんだかちょっと切ないお話です。

この作品は 2006年のアカデミー賞最有力候補と目されていたのに、結果、「クラッシュ」に持っていかれたのが記憶に新しいでしょう。

同性愛なんて、伝統と格式ある保守的なアカデミー賞作品賞にはそぐわない、と暗に囁かれたとかなんとか、まぁ何にしたって、今の時代にだってそんなことを言ってるわけだから、当時の二人の置かれた状況はどんなに過酷なものだったろう。

この映画は「堰を切る」と言った感じのシーンがいくつも出てくる。
人は衝撃的で刹那、背景には美しく雄大なブロークバック・マウンテンの景色。
激しいけれど静かに流れて行く、そんな印象の作品でした。

最後に個人的な見解なのですが、ジャックは交通事故じゃないなって思ってしまった。
イニスの想像が正しいような気がして・・・・。

ジャックとイニスは同性だけど、ここに描かれている愛情はぜんぜん特殊じゃないんです。
人を愛するってこういうことだって分かるから、余計切なくなるのかも。

※若くして志半ばで急逝されたヒース・レジャー氏に哀悼の意をささげます。(2008年01月22日)

この記事へのコメント
私も、ジャックの死は交通事故じゃないと思っていました。

昨日、この映画のDVDを購入したのですが、
映像特典にあった、監督のインタビューによると、ジャックの妻ラリーンとイニスの電話での会話シーンは、ラリーンが嘘をつくという設定だったようです。

っと言うことは、ジャックの死は交通事故じゃないということですよね。

Posted by えり at 2008年02月27日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。